ゆらゆらゆら揺れる

ゆらゆらゆら揺れる

看護師の臨床でつかえる知識や転職にかかわる情報を中心に公開していきます!

看護師の臨床経験としては、10年目を迎える私は、毎日の多忙な業務の中で様々な経験をしてきました。

 

新人の看護師のころは、私が考えていた臨床の看護師像と全く違い、患者様に十分に接することができない自分に納得ができず、看護師を辞めようと思ったことも何度もあります。

 

看護師の業務というのは、患者様への看護処置や日常生活の援助だけでなく、膨大な量の雑務業務やカルテ整理があります。

 

また、日勤だけでなく、早番や夜勤勤務といった勤務体制の中で残業が多くなってくると非常に大変でした。

 

 

今は、結婚を機に訪問看護ステーションに勤務をし、残業もなく、日勤たいだけの勤務となり、非常に楽に感じています。

 

 

ただ楽な選択をしたわけではなく、今の職場に固執する必要はなく、今のあなたのライフワークに合わせて職場選択をするのも看護師としてのキャリアを積み重ねるのに必要なことだと感じています。

 

 

 

そんな看護師の方を応援し、臨牀でつかえる知識や転職時に必要な情報を中心に情報を公開していきます。

 

 

臨床での看護師の悩みとは

新人の看護師のころは、つたない知識や技術しかありませんが、患者様に何とか自身の持てる能力で看護を行いたいという気持ちがかなり強かったと思います。
しかし、現状は患者様と接する時間よりも勤務体制に慣れ、仕事をきちんとこなすようになるのに2年程度かかりました。

 

 

 

その後、やっと自身が考えているような看護観を発揮するにはどうすればよいのか考える余裕を持てるようになり、総合病院でやりがいを感じながら勤務をこなすことができるようになったと思っています。

 

 

また、新人の看護師のころは周囲の方に目がいかず、自分に精いっぱいになりがちで、人間関係のもつれも多くなりやすいのが特徴です。

 

 

自身で業務が円滑にこなせるように配慮しながら、先輩や同僚とたくさん接し、コミュニケーションを図る努力をしていきましょう。

 

 

看護師の転職を考える時期とは

看護師として転職し、訪問看護ステーションに移ったきっかけとしては、結婚が要因でした。看護師というのは、いまだに女性の多い職場ですから、結婚や出産、親の介護や主人の転勤によって転職を余儀なくされることが多いです。

 

 

そういった場合は前向きにとらえ、培った知識や技術を生かしながら新しい現場でどう看護師としてスキルアップを図るのか考えてみましょう。

 

 

看護師の転職を考えるなら看護師求人サイトでの転職がおすすめです。

 

 

看護師求人サイトは豊富な求人数の紹介だけでなく、専任のコンサルタントがいるので、私の希望している条件をきちんと相談にのったうえで求人を紹介してくれるので、非常に助かりました。

 

 

その後の転職に必要な情報収集や面接におけるサポートまでしてくれるので円滑に転職を進めることができますよ。

 

 

 

看護師求人サイトでの転職を考えるならこちらから!

 

昔の食生活の影響か?

中学生の時にかなりニキビに悩まされていました。とにかく食べるものによってニキビが出来易く、食べ物にも結構気を使っていました。とにかく脂っこい物がNGで、ピーナッツやチョコレートはその筆頭でした。

 

特にチョコレートは食べた1時間後くらいにはニキビが出始めるくらいで、中学校の間はほとんどチョコレートは食べませんでした。

 

 

とはいっても、たまに食べたくなる時があり、ついつい口にしてしまう時がありましたが、やはりそのあとはニキビができました・・・よくニキビが出来る場所は額でした。ひどいときには一気に10個以上も出てしまう時もあり、とにかく食べ物には細心の注意を払っていました。

 

 

我が家にはイオンクリームなるものがあり、とくに薬というわけではなく、母親が使用していたクリームだったのですが、これが我が家では薬が割となっておりそれをできてしまったニキビにぬっていました。

 

 

その効果なのかは謎ですが、私の額はいまではツルツルです。人によってはニキビの跡が年をとってからもずっと残っている人もいますが、幸いにも私にはそれが全くありません。

 

 

 

これがイオンクリームの効果なのかは分かりませんが、額がきれいなままなのは間違いないので、私の子供が思春期に入り、ニキビに悩みだす時がきたとき、このクリームを取り寄せたいと思っています。

 

 

ニキビは思春期にとっては最大の悩みですよね。特に女の子となるとやはり気になりますよね。私の娘にもこのイオンクリームが効きますよう。

 

肝炎は怖い

性病と言うと、クラミジアやHIV,梅毒などが有名ですが、実は肝炎も性病と密接な関係があるとしって驚いています。肝炎とはその名の通り、肝臓の病気のことですが、一般的にはお酒を飲みすぎたりして引き起こされる病気として認知されていると思います。

 

 

ですが、実際には肝炎と性病は密接な関係があり、性交渉によって人から人へうつることがあるそうなんです。

 

肝炎と名前的には肝臓の炎症のようなイメージですが、そんな甘いものではなく、肝炎になると肝臓の機能が悪くなってしまい、肝臓の細胞が壊され最悪の場合、肝臓がんになったり、死にいたることもある恐ろしい病気なのです。

 

 

 

性交渉でうつる肝炎の元は、B型肝炎ウイルスです。B型肝炎ウイルスは感染力がとても高く、感染してしまうとB型肝炎を発症する可能性があります。B型肝炎となってしまった場合、ちゃんと病院で治療を受けることによって数カ月で完治する病気ではありますが、仮に症状が進行して劇症化になってしまった場合、肝臓の機能が阻害されてしまうことによって重篤な障害が残ったり、最悪の場合死亡してしまうこともあります。

 

 

 

肝炎にはA型、C型、など複数の種類が存在しますが、性行為によって発症するのはB型肝炎だそうです。

 

 

 

感染経路は性交渉はもちろんですが、オーラルセックスなどでも感染してしまうケースがあるとても感染力が高いことで有名です。B型肝炎ウイルスを体内に保持している人は世界中で数億人いると言われています。そのため、国内だけではなく、海外旅行へ行って感染して国内に持ち込んでしまうということも多いそうです。

 

 

 

性病には様々な種類があり、発疹が出来たりかゆみが出る、おしっこをするときに痛みが出るなんて軽い症状の物だけと考えるのは早計です。肝炎などの内臓などにも影響することがあるということをしっかりと知っておく必要があります。

 

 

 

性病を防ぐにはコンドームの使用はもちろんですが、不特定多数の人と一度に行為をしないことでしょう。

 

 

一定の人とだけ行為をしていれば、実際に性病を発症した場合にだれからもらったか、誰かに移してしまったかが判明しやすいです。そのため、風俗など、多くの人と接触をしている人からサービスを受けることは性病にかかりに行く可能性と跳ね上げてしまうということをしっかりと認知しておきましょう。

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ