看護師臨床転職

看護師|臨床知識や転職情報ガイド!

看護師の臨床でつかえる知識や転職にかかわる情報を中心に公開していきます!

看護師の臨床経験としては、10年目を迎える私は、毎日の多忙な業務の中で様々な経験をしてきました。

新人の看護師のころは、私が考えていた臨床の看護師像と全く違い、患者様に十分に接することができない自分に納得ができず、看護師を辞めようと思ったことも何度もあります。
看護師の業務というのは、患者様への看護処置や日常生活の援助だけでなく、膨大な量の雑務業務やカルテ整理があります。
また、日勤だけでなく、早番や夜勤勤務といった勤務体制の中で残業が多くなってくると非常に大変でした。
今は、結婚を機に訪問看護ステーションに勤務をし、残業もなく、日勤たいだけの勤務となり、非常に楽に感じています。
ただ楽な選択をしたわけではなく、今の職場に固執する必要はなく、今のあなたのライフワークに合わせて職場選択をするのも看護師としてのキャリアを積み重ねるのに必要なことだと感じています。
そんな看護師の方を応援し、臨牀でつかえる知識や転職時に必要な情報を中心に情報を公開していきます。

臨床での看護師の悩みとは

新人の看護師のころは、つたない知識や技術しかありませんが、患者様に何とか自身の持てる能力で看護を行いたいという気持ちがかなり強かったと思います。
しかし、現状は患者様と接する時間よりも勤務体制に慣れ、仕事をきちんとこなすようになるのに2年程度かかりました。
その後、やっと自身が考えているような看護観を発揮するにはどうすればよいのか考える余裕を持てるようになり、総合病院でやりがいを感じながら勤務をこなすことができるようになったと思っています。
また、新人の看護師のころは周囲の方に目がいかず、自分に精いっぱいになりがちで、人間関係のもつれも多くなりやすいのが特徴です。
自身で業務が円滑にこなせるように配慮しながら、先輩や同僚とたくさん接し、コミュニケーションを図る努力をしていきましょう。

看護師の転職を考える時期とは

看護師として転職し、訪問看護ステーションに移ったきっかけとしては、結婚が要因でした。看護師というのは、いまだに女性の多い職場ですから、結婚や出産、親の介護や主人の転勤によって転職を余儀なくされることが多いです。
そういった場合は前向きにとらえ、培った知識や技術を生かしながら新しい現場でどう看護師としてスキルアップを図るのか考えてみましょう。
看護師の転職を考えるなら看護師求人サイトでの転職がおすすめです。
看護師求人サイトは豊富な求人数の紹介だけでなく、専任のコンサルタントがいるので、私の希望している条件をきちんと相談にのったうえで求人を紹介してくれるので、非常に助かりました。
その後の転職に必要な情報収集や面接におけるサポートまでしてくれるので円滑に転職を進めることができますよ。

 

看護師求人サイトでの転職を考えるならこちらから!

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ